トピックス

医療現場に「故郷の食で応援・感謝のお弁当」始めました



新型コロナウィルス感染の影響で、私たちのためにリスクを承知で頑張っている方たちに、感謝と応援の気持ちでお弁当をお届けすることにいたしました。
食材は、飲食店の休業や学校の休校で行き場のなくなってしまった地方の農家や漁師さんや小さな事業者さんから直接仕入れて、手作りで仕上げます。(お弁当は「箕と環-みのとわ」が作ります)
私たちには今、せめてこの位しかできませんので、お気持ちのある方たちから少し寄付を頂き、出来るだけ多くの人に、出来るだけ長く続けて、食べる楽しみを味わっていただければと思っています。
毎週1回、800円を500円で、故郷の懐かしい・珍しい食材を使ったお弁当を通して、私たちの感謝と応援の気持ちをお届けいたします。(6食から)
今は、医療現場だけでなく、介護・福祉・保育・流通等いろいろな業界で大変な思いをして頑張ってくださっていますが、繋がるところから少しずつ始めていきます。
皆様からの寄付を頂けることで、食材も飲食店も(お願いできる飲食店を増やしたい)コロナ現場のスタッフのストレスを減らすお手伝いをしましょう。
寄付をしていただける方は、こちらからお願いいたします。https://bit.ly/2zgUHYv

今回まず最初にお届けする病院は、社会福祉法人江戸川病院
   (https://www.edogawa.or.jp/腫瘍血液内科/ )です。




47都道府県レストラン「箕と環-みのとわ」が、心をこめてお弁当を作ります。



 

staff only